2021.01.12

商工会員なら無料なHP作成ツール「Goope(グーペ)」知ってますか?

 

 

詳しくは吉賀町商工会または商工会HP

 

 

2020.12.07

スタンプ会 プレミアム商品券の期限

毎年販売を行っている吉賀町スタンプ協議会のプレミアム商品券!!
使用期限が迫っています。使い忘れにご注意ください。

プレミアム商品券の使用期限は令和2年12月31日です!!

2020.11.13

わさび寿司の商品開発(女性部)

吉賀町商工会女性部がこの度、吉賀町特産のわさびの葉を活用した『わさび寿司』を、全女性連の補助金を受け、商品開発を行いました。

普段は、柿木の道の駅や六日市のやくろとなどで販売をしているそうです。
個別注文も承っているとのことです。気になった方は是非連絡してみてください。

わさび寿司の商品開発紹介ページ(島根県女性部連合会)

2020.09.07

プレミアム商品券の完売について

2020年のプレミアム商品券は好評に付き完売しました。
「パピヨンスタンプ会期限付きプレミアム商品券」の使用期限は、
令和2年12月31日(木)まです。
プレミアム付商品券の使い忘れにご注意ください。

2020.08.21

スタンプ会 プレミアム商品券について

例年大好評で販売しているスタンプ会発行のプレミアム商品券ですが、販売個数残りわずかとなっております。
ご購入がまだな方はお早めに購入ください。売り切れ御免となります。

2020.07.14

持続化給付金の対象拡大

持続化給付金は、7月6日までに、約230万件の中小企業・個人事業者の皆様にお届けし、既にお届けした額は約3兆円になっています。
そして、6月12日に成立した第2次補正予算で、持続化給付金事業に総額1兆9,400億円が追加され、6月29日から、下記①~⑨の現行の特例に加え支援対象が拡大されることになりました。
【現行の特例】
①証拠書類等に関する特例(法人・個人)
②創業特例(2019年1月から12月までの間に設立した法人に対する特例)
③季節性収入特例
(月当たりの事業収入の変動が大きい法人・個人に対する特例)
④合併特例
(事業収入を比較する2つの月の間に合併を行った法人に対する特例)
⑤連結納税特例(連結納税を行っている法人に対する特例)
⑥罹災特例
(2018年又は2019年発行の罹災証明書等を有する法人・個人に対する特例)
⑦法人成り特例
(事業収入を比較する2つの月の間に法人化した者に対する特例)
⑧NPO法人や公益法人等特例(特定非営利法人及び公益法人等に対する特例)
⑨事業承継特例
(事業収入を比較する2つの月の間に事業承継を受けた者に対する特例)
【拡大された特例】
⑩主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者
⑪2020年1月~3月の間に創業した事業者
【持続化給付金HPや支援機関での確認について】
現在「申請したのになかなか給付されない」という事態が発生しています。その多くが、売上等の入力内容と証拠書類との記載内容が異なっていたり、添付書類の不備(添付間違えや不鮮明など)といった内容のようです。
不備のないように、持続化給付金事務局ホームページで詳細を確認し、当商工会はもちろん申請サポート会場で添付書類を確認してもらってから申請するようにしてください。
[参考]持続化給付金の申請と給付について(経済産業省ホームページ)

2020.06.11

新型コロナウイルスに係る事業者支援金

商工会では、下記支援金について申請サポートを行っています。
 

吉賀町緊急中小企業者事業継続支援金(町の給付金、最大30万円)

  コロナウイルスの影響を受け
  売上が昨年同月比で30%下がっている方が申請できます。
  町HP特設サイト
 

持続化給付金(国の給付金、最大個人で100万円・法人で200万円)

  同じくコロナウイルスの影響を受け、
  売上が昨年同月比で50%下がっている方が申請できます。
  持続化給付金特設サイト
 
どちらも、窓口で申請サポートを行っています。
※必要書類の作成やパソコン・スマートフォンでの申請補助等
申請に不安がある方、詳しい説明が知りたい方は是非商工会へ相談してください。

 

2020.04.02

新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例について

雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するものです。
新型コロナウイルス感染症に影響し、雇用調整助成金の特例を講じております。
※現在、事後提出の特例を講じており、書類の整備前に、休業等の実施が可能となっております。
下記の島根県商工会連合会特設ページや厚生労働省特設ページを確認して是非ご利用ください。
また、内容につきましては随時更新されますので、定期的にご確認をお願いいしたします。
厚生労働省「雇用調整助成金」特設ページ
島根県商工会連合会特設ページ
雇用調整助成金の特例を追加実施します
雇用調整助成金の特例措置の拡大

2020.03.19

振替納付日・換価の猶予について

申告・納付等の延長期限の期日が令和2年4月16日に伸びたことはご存知かと思います。
それに伴い、延長後の振替納付日が下記の通り国税庁より発表されましたのでお知らせします。
 
 申告所得税及び復興特別所得税     :令和2年5月15日(金)
 個人事業者の消費税及び地方消費税   :令和2年5月19日(火)
 
該当リンク⇨国税庁HP「振替納税をご利用の方へ」
 
 
また、新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方につきましては、務署に申請すれば、法令の要件を満たすことで、原則として1年以内の期間に限り、換価の猶予が認められることとなりました。
下記国税庁ホームページより確認の上、納税が困難な方は、所轄の税務署(徴収担当)に相談してみてください。
 
該当リンク⇨国税庁HP「新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ」

2020.01.17

いよいよ決算時期です

今年は消費税の改定で10%となり、軽減税率制度も導入されました。
ここで決算前に今回の消費税改定の注意点のおさらいをします。
今回導入された軽減税率制度は税率が8%の据え置きとなりますが、旧税率の8%とは内容が異なります。
旧税率8%は「消費税率6.3%+地方消費税率1.7%」で軽減税率8%は「消費税率6.24%+地方消費税率1.76%」となっています。
ということは……そうなんです!!
「旧税率8%と軽減税率8%」はしっかりと分けて計上しないといけません。
同じ8%だからといって一緒にしていると、消費税の確定申告書が作成できないので気をつけてください。
旧8%と新10%にプラス軽減8%の3つの税率ごとに計上してください